家政婦ってどんな仕事なの?どのくらい稼げるの?

市原悦子さんや松嶋菜々子の人気ドラマで、
一躍有名になった家政婦の仕事ですが、
この家政婦に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。


家政婦のバイトは具体的にどのような仕事内容なのか、
一般的な時給についてご紹介しますので参考にしてください。


家政婦のバイトの仕事内容について

実際の家政婦のバイトの実情はどうなのでしょう。


家政婦のバイトの仕事内容は、
その家に住んでいる人に代わり家事を代行、補助することです。


具体的な業務内容としては、
一般的な家庭の主婦が行っている大家事になります。


また、その家庭に小さな子供がいたり、
高齢の方がいれば、育児や介護などの仕事が含まれることもあります。


しかし最近では保育園や介護ヘルパーなどは、
サービスも充実しているので、


  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理

といった3大家事がメインとなることが多いです。



これが家政婦のバイトの基本の仕事になります。


一般的な家庭の主婦が行う、
家事を代行するのが家政婦の仕事ですから、
家事経験があることがやはり大きな強みになります。



また、家政婦は家事をこなすだけでなく、
家の主や家族とのコミュニケーションもうまく行うことが大切になります。


家事を行うスキルの高さと同時に、
コミュニケーション能力や礼儀、清潔感、体力、
そして口の堅いことも家政婦に求められる大切な要素となります。


どんな人に人気?家政婦バイトのメリットは!?

家政婦のバイトを行っている年代は、
子供もある程度成長して育児もひと段落した、
40代後半から60代くらいの女性が中心です。


最近では専業主婦の手軽なバイトとして、
30代後半の女性にも人気があります。


家政婦のバイトをすることのメリットとしては、
やはり専業主婦としての経験が活かせるということです。


家事経験があることが強みとなる仕事ですから、
何か専門的な資格は不要です。


未経験であっても家事のスキルや、
コミュニケーション能力が高ければ、基本的に、
誰とでもスムーズにできる仕事です。


なので、一般的な接客業とはまた違い、
人間関係も密な仕事ですから大変な面もありますが、
それだけにやりがいもあります。



人と接することが好きな人に向いている仕事と言えるでしょう。


時間の融通が利く

短時間勤務でも可能な、
割と融通が利く仕事ですから、
ちょっとしたお小遣い稼ぎとしても最適な仕事です。


都心であれば芸能人や有名人の家に、
働きに行けるかも知れないというメリットも考えられます。


また家政婦のバイトを雇う家は、
基本的にどこもお金持ちですから、
お歳暮やお中元などをもらえる場合もあります。


友人の家政婦は実際にお歳暮に、



送られてきた経験をした人もいましたよ。


家政婦のバイトの時給は!?

家政婦のバイトの気になる時給ですが、
1,100円から1,800円ほどが相場となっているようです。


日給の場合には、2時間で3,500円、
8時間で10,000円などが相場です。


拘束時間にも幅があり、
2時間くらいの短時間でも気軽に働くことができます。


コンビニやスーパーなどで、
バイトやパートをするよりも高収入であることが、
家政婦のバイトの大きな魅力と言えます。


長期で働ける人は重宝される

家政婦のバイトでは、
長期的に継続して働くことを求められるケースが多いです。


家政婦を雇う側からすれば、
やはりころころと人が代わるよりも、
信頼できる人に長く勤めてもらいたいと考えます。


家事をスピーディに、
手際よくこなすスキルと同時に人柄が大切です。


雇い主次第では給与アップも期待できるでしょう。
評判のいい家政婦はそれだけ好条件の依頼が期待出来ます。


時給よりも日給での採用が多く、
高齢の家庭や富裕層の家庭では、住み込みでの依頼もあります。


住み込み家政婦ではさらに好待遇となっています。


雇用形態によって給与や待遇にも違いが!

家政婦のバイトには家政婦自身が、
お客さんと直接雇用契約を結ぶ方法と、
家政婦紹介所と雇用契約を結ぶ派遣型の家政婦があります。



雇用形態により、
同じ仕事内容でも給与にも違いが出てきます。


直接雇用の方がより給与は高くなりますが、
それだけ雇い主との厚い信頼関係が必要となってきます。


万が一、何かしらのトラブルが発生した場合、
仲介に入ってくれる業者がないのでそれだけ責任も重くなります。


家主との直接雇用の場合には日給制が多く、
住み込みなどの待遇付きもあります。


派遣型の場合には、時給制が多く細かい待遇などは、
それぞれの運営会社によって違ってきます。


よその家庭の家事全般を代行するという、
少し特殊な仕事と言えるでしょう。


雇用形態によっても給与や待遇が異なるので、
ライフスタイルなどに応じて選ぶと良いでしょう。